Running用のBluetoothヘッドフォンをご紹介! #running #Health

2016.05.27 Friday 14:45
0
    こんにちは!
    ここの所、ずっとFBばかり更新しておりまして^^;
    今日は気まぐれで、Bluetoothヘッドフォンのご紹介など手

    ランニングを始めて、これまでのトータルが2.000kmを超え落ち着いてきたのか、もうアホな無茶走りもしなくなりましたw
    以前にもご紹介したのですが、数々のランニング用appを試し、現在は「Runtastic」というふざけた名前の物を使っていますw

    Runtastic  Runtastic
     
    多少のムラはありますが、iPhoneで使用した時のGPS精度は一番だと思います。
    やたらと高いアップグレードプランを勧めて来るのはウザいですけど。

    で、ランappからのアナウンスに加え、やっぱり音楽を聴きながら走ると楽しい!
    ただ、普通のヘッドフォンで走ると、ケーブルが身体にぶつかる度にノイズを聴くハメになります。
    よって、最近はBluetoothワイヤレスのヘッドフォン、しかも防水、防汗機能のあるものを使っています。
    その中で、お気に入りを2つ、メリットとデメリットも添えて。

    □ SoundPEATS QY7 □

    SoundPEATS【メーカー直販/1年保証付】QY7 Bluetooth イヤホン 高音質 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 防水 防滴 スポーツ仕様 ワイヤレス イヤホン(ブラック/グリーン)

    コチラは、耳のミゾ(上手く表現出来ないですけどw)に引っかけて固定する感じです。
    と思っていたのですが、改めてAmazonのページを見たら、付属品に“引っかけ”が載っていない…。
    仕様変更されたのか、はたまた単に載っていないだけか…。(付いているテイで話を進めますw)

    ○ 軽い。
    とにかく軽いので、気軽に持ち運べますし、付けていてもストレスになりません。

    ○ “引っかけ”のおかげか、装着感はとても安定しています。
    結構、耳の奥までギュッと入る感じなので、イヤーピースは小さめの方が耳が痛くならずGoodでした。
    お気に入りセッティングを探すのに、沢山の付属品が付いてくるのも嬉しい。

    ○ 低域強め、高域マイルドな音質。
    これも“引っかけ”で密着度が高いためか、低域の目立つ味付けに感じます。
    さほどボリュームを上げなくても、しっかり聴こえるのでいいですね。
    “ノイズキャンセリング搭載”とありますが、私は実感した試しがないので期待しないほうがいいレベルですw

    ● バッテリーの持ちが悪い…?

    MicroUSBポートから、1時間程度の充電で、実質6~7時間持ちます。
    が!w
    スマホの残留表示は2/3くらいなのに、急にバッテリーが無くなる事もしばしば。
    おねいさんの声で“BatteryLow”のアナウンスがありますが、そのアナウンス後≒10分で落ちますw
    4〜5時間のつもりで、早めの充電を心がけた方がいいかも。

    ● コントロール部が使いづらい。
    パワーボタン、ボリュームボタンは選曲(長押し)と兼用、という仕様なのですが、小さいためかとても使いづらいです。
    ランニング中だもん無理だw

    ● ケーブルが張り付いてキモい
    汗をかいていない時は気になりませんが、汗だくになると張り付いてキモいです。
    いっそのこと、頭のすぐ後ろを回るだけくらい、もっと短くても良かったのでは…?
    前出のケーブルノイズも、若干気になります。

    色々書きましたが、コスパは高いし、お勧めしても叱られたりはしないじゃろうてw

    □ Dylan CVC6.0 □
    Dylan Bluetooth イヤホン CVC 6.0ノイズキャンセル機能搭載 ランニング仕様 耐汗 bluetooth ワイヤレス (ブラック)

    カナルタイプのQY7とは違い、開放型ヘッドフォンです。

    ○ カナルにはない開放感!
    とはいうものの、激しく首を振ったりしなければ、殆どズレませんし、何より耳が痛くならないのが(・∀・)イイ!!
    耳から外すと“くるりん!”と丸まって小さくなる所もかわいいw

    ○ バッテリー長持ち
    仕様書には10時間とありましたが、実際はもう少し持つ感じです。
    逆に心配になって充電しちゃうっていう、ヘッドフォン界にしてスーパーカブ並の燃費を誇りますw

    ○ 操作性よし
    ボタンが大きいため、とても操作しやすいです。
    ランニンググローブはめたままでも操作出来たくらいです。

    ○ アナウンスのおねいさんの声が、妙にセクシィだ。
    ま、どうでもいい話なんだがw

    ● 音質は“シャラシャラ”
    そりゃそうですw
    まぁその辺りはご考慮下さいwww

    ● 地下鉄に乗ったら、殆ど聴こえない感じです。(QY7は地下鉄内でも楽しめましたw)

    ● コチラも“ノイズキャンセリング”とありますが、この機能を正しく言えば“ノイズゲート”です。
    周りの雑音が消えるのではなく、曲間のノイズを消す機能がついてます。
    ただ、かなりシビアらしく、ランappのスタート前「5…4…3…」のカウントダウンの隙間さえ削ろうとしやがりますので、とても聞きづらいですw

    ● 「防水」と謳っているのに、MicroUSBポートが剥き出しw
    そりゃねぇよ、という事で、MicroUSBポートをカバーするゴムパッキンを別途購入しましたw
    そもそも防水機能自体がアヤシ(ry

    とりとめなく書き連ねましたが、どちらもコスパは高いし、機能的にも十分なので、どちらもお勧めします。
    私は現在、CVC6.0をメインに使っております。
    自宅にはQY7を置いておき、地下鉄を使う外出にも対応していますwww

    この気まぐれポストが、少しでもランナーさん達のお役に立ちますようw
    category:Health | by:BOM(b)comments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
                
    Profile
    Category
                
    Link
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      mimi
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      mimi
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      nkgw
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      nkgw
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      nkgw
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM