◆ ここ数ヶ月のライブラリ、どかっと紹介2 #読書 #dokukan140

2013.05.31 Friday 14:36
0
    ※ 参考リンク

    ◆ ここ数ヶ月のライブラリ、どかっと紹介1


    前回から、ちょっと間が開いてしまいましたが、続きでございます。

    Books

    ● 笑う山崎 / 吉村満月

    BOM(b)評価 / ★

    笑う山崎 (ノン・ポシェット)

    簡単に言うとヤクザものです(簡単だな〜www)
    セックスとバイオレンスとヘンな哲学。
    暇つぶしにはいいかな、いや時間の無駄かな。

    BOOKデータベース

    マリーは泣きそうな子供のような顔をした。
    「なにする!」圧しころした声で言った。
    「犯しに来た」その一言で、マリーは硬直した。
    冷酷無比の極道、山崎。
    優男ではあるが、特異なカリスマ性を持つ彼が見せる、極限の暴力と、常軌を逸した愛とは!
    フィリピン女性マリーを妻にしたとき、恐るべき運命が幕を開けた…。


    ● SOSの猿 / 伊坂幸太郎

    BOM(b)評価 / ★★★

    SOSの猿 (中公文庫)

    賛否が激しく分かれると思われるこの1冊。
    いわゆる「伊坂ワールド」が読みたいなら、避けた方が良いかと。
    突拍子もない展開で、ナンダコレ感が強い読み始めですがw、慣れると面白い。
    私個人としては、「アリ」な作品です。

    BOOKデータベース

    三百億円の損害を出した株の誤発注事件を調べる男と、ひきこもりを悪魔秡いで治そうとする男。
    奮闘する二人の男のあいだを孫悟空が自在に飛び回り、問いを投げかける。
    「本当に悪いのは誰?」はてさて、答えを知るのは猿か悪魔か?
    そもそも答えは存在するの?
    面白くて考えさせられる、伊坂エンターテインメントの集大成。


    ● 主よ、永遠の休息を / 誉田哲也

    BOM(b)評価 / ★★★

    主よ、永遠の休息を (実業之日本社文庫)

    読了後、何とも言えないやるせなさが残りますw
    ただ、全体の展開や、完成度としては面白かったです。
    「これから仕事!」とかの前には、読まないほうがよい作品かと(^^;y

    BOOKデータベース

    通信社社会部の記者・鶴田吉郎は、コンビニ強盗の犯人逮捕を偶然スクープ。
    現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、調査の過程で、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の“実録映像”がネット配信されていたことを知る。
    犯人は精神鑑定で無罪とされていた…。
    静かな狂気に呑み込まれていく事件記者の彷徨を描いた傑作、待望の文庫化。


    ● 学問 / 山田詠美

    BOM(b)評価 / ★★★★

    学問 (新潮文庫)

    幼少期に東京から田舎に引越してきた女の子が綴る、なんともほんわかした作品。
    あるようでないようであるような内容www
    男女問わず、時間があったら是非読んでみて欲しい1冊です。

    BOOKデータベース

    東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。
    4人は友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。
    一歩一歩、大人の世界に近づく彼らの毎日を彩る生と性の輝き。
    そして訪れる、それぞれの人生の終わり。
    高度成長期の海辺の街を舞台に4人が過ごしたかけがえのない時間を、この上なく官能的な言葉で紡ぐ、渾身の長編。


    ● 八日目の蝉 / 角田光代

    BOM(b)評価 / ★★★

    八日目の蝉 (中公文庫)

    イライラする作品www
    FBにはちょろっと書きましたが、当初、誘拐を正当化する主人公が許せなくて、読むの止めようかとも思ったんですが、そこはまぁ大人としてwww
    途中からだんだんと面白くなってきましたが、明日がどうなるのか分からないまま、追手から逃げ続ける作風は、読んでいてガックリと疲れました(^^;y
    エンディング、もう少しどーにかならんのかね君ぃ?という事で★3つ。

    BOOKデータベース

    逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。
    東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。
    偽りの母子の先が見えない逃 亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。
    心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。
    第二回中央公論文芸賞受賞作。


    ● バイバイブラックバード / 伊坂幸太郎

    BOM(b)評価 / ★★★★★

    バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)

    これぞ伊坂ワールド!

    これぞ娯楽小説!!!(激爆)


    こんなのばっかり読んでたら、伊坂当たりを起こすかバカになってしまいそうですがwww
    色んな意味で、評価が分かれる作品だと思いますwww
    あ、私は

    もう大好き

    病院の待合室で、思わず吹いてしまった下らなさ、秀逸です。
    メインキャラの「繭美」は、マツコデラックスなんだろうなーと思いながら読んでました。
    ボケとツッコミを絶妙な語彙で表現、展開が分かってしまっていても、尚楽しめるショート集です。

    なんでも、太宰治氏の作品「グッド・バイ」を読んで、想像を膨らませて書かれた作品だということで、思わず「グッド・バイ」もポチっとなしちゃいましたw
    こちらは後日、感想をUPしたいと思います。

    BOOKデータベース

    星野一彦の最後の願いは何者かに“あのバス”で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。
    そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」―これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。
    なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。
    特別収録:伊坂幸太郎ロングインタビュー。


    と、写真に載っているのに紹介していない(まだ読んでなかった!w)ものや、載ってないのに紹介したものも含めましたw
    まだまだあるんですが、キリがないのでこの辺でドロン!
    category:読書 | by:BOM(b)comments(0)trackbacks(0) | -
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
                
    Profile
    Category
                
    Link
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    • ◆ 楕円の書き方 〜定規とコンパスで書ける疑似楕円
      tomita takeo
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      mimi
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      mimi
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      nkgw
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      nkgw
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      BOM(b)
    • ◆ Time CapsuleをNASに使おう #time_capsule
      nkgw
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM